オンラインカジノ情報局 比較&戦略2021最新

無料ボーナス & 攻略法 & カジノ比較

システムベット_カジノの勝ち方は2連勝法(31BET法)

2連勝法は2分の1程度の勝率のゲーム(バカラやクラップス、ルーレット、そしてブラックジャックなど)に使える方法です。

2連勝法は簡単に説明すると、2連勝したタイミングで利益確定を繰り返し行う攻略法です。

また2連勝法は別名「31法」とも呼ばれていて、既定の回数内で2連勝出来ず、ワンセット終了した場合、最大で31単位分の資金を失います。

仮に1単位を1ドルと設定すれば31ドルの資金を必要とします。
勝率が凡そ半分程度あるゲームに用いるわけですから、数回のうちに2連勝する確率は低いとはいえません。

ルールはそんなに複雑ではありませんので是非覚えて実践してみてください。

具体的なベットルール

はじめに1単位の金額を決めます。31法ですから1単位の金額×31の資金がワンセットで必要になります。

下表はベットルールです。是非記憶してください。

第1ステージ   1 1 1
第2ステージ   2 2
第3ステージ   4 4
第4ステージ   8 8

各ステージは前のステージの2倍の値です。そして全部足すと31になります。

見て頂くとお分かりだと思いますが、1セットは9回のベットで構成されています。

負けた場合は右隣り、右隣りが無い場合は次のステージの値分のベットを行います。

1回目勝った場合は右隣りではなく、次の段落の左側に移ります。

この9回のベットの中で2連勝するタイミングで利益確定をしていきます。

利益確定しましたら、最初の1単位に戻り、それを繰り返し行います。

【筆者お勧めカジノ☟☟☟】

実践形式で計算してみましょう。

【 ケース1 】

1回目負け、2回目負け、3回目勝ち、4回目負け、5回目勝ち、6回目勝ち

☞ -1、-1、+1、-2、+2、+4、=+3

【 ケース2 】

1回目負け、2回目負け、3回目勝ち、4回目負け、5回目負け、6回目負け、 7回目勝ち、8回目勝ち

☞ -1、-1、+1、-2、-2、-4、+4、+8、=+3

注意点としては、システムベットに共通することですが、途中でルールを逸脱しないということです。

いかに自分の欲を抑え、資金管理を徹底できるかが勝敗に影響します。

勝ち続けることも負け続けることもありません。長くプレイすればするほど勝率は確率に基づき期待値に収束します。

システムベットは確率論を冷静に捉え、ルール通りに長く実践することでその威力を発揮します。

偏りは実際におきますから、その際も確率論をベースにベットを行っているという自信を持ちたいですね。

【筆者お勧めカジノ☟☟☟】